NEWS

住宅のカビ問題

梅雨になるとカビ問題が発生します。カビは一気に範囲を広げていくので、早めの対策が必要となるでしょう。外壁塗装業者を探すときには、神戸市にある複数の業者を、一括で見積り依頼可能なサイトを活用すると便利です。

Read More

雨による被害

住宅の屋根が劣化すると、雨漏りが起こることがあります。その被害を修繕したり予防したりする為には、専門の業者に依頼をしましょう。放置していると、カビ問題などに発展するでしょう。

Read More

必要な工程

横浜には、住宅劣化の味方となる外壁塗装業者が数多くいます。業者はしっかりと、高い効果を発揮する為に順序良く工程を踏んで作業をするようにしています。得られたメリットは大きなものとなるでしょう。

Read More

劣化を始める

古い家は業者に頼んで雨漏り対策をしっかり行っておきましょう。これで台風がきても安心して住むことが出来ますよ。

天井から雨が漏れてくれば家全体に被害が及びます。雨漏り修理を早めにして安心して暮らすためには業者に依頼しましょう。

外壁が劣化することで塗装が必要になる理由

住宅は日々劣化しています。特に外壁は、毎日雨や風、紫外線の何かしらを受けるため劣化しやすいのです。住宅が劣化するきっかけは、モルタル造りの住宅ならば、モルタルにひびが入ってそこから雨水が侵入してしまう場合や、モルタルの防水性が弱くなり湿気を吸い込んでしまう場合です。 サイディングの場合はサイディングのひび割れやサイディングの隙間に埋めてある柔らかいコーディングが割れてしまい水分が入ってしまうことです。 木造住宅の場合は、躯体である木材に湿気や水分が入ると木材の寿命は縮まります。ひいては住宅の寿命も縮まってしまうのです。 日本の木造建築の耐用年数は30年程度と言われていますが、雨水や湿気にやられると寿命10年も20年もが短くなってしまいます。

外壁塗装をする間隔とは

このように外壁塗装は住宅の寿命に関わる点で重要です。 例えば、躯体の劣化により住宅が建設されてから20年経過した時点で建て直さなければいけないとすれば、住宅ローンを20年以上組んでいる場合です。この場合、解体後は「すでになくなった建物」のためにローンを払い続けることになります。住宅建築後30年で躯体がダメになった場合でも30年以上ローンを組んでいれば同様です。 それに比べると定期的にメンテナンスをして外壁塗装をするほうがよほど出費を抑えられるのではないでしょうか。 外壁塗装をする間隔は10年に一度と言われています。新築から最初の10年を経過した時点で一度外壁塗装をして、20年持つ塗料を使えば次に塗装をするのは20年後でよいのです。

もし雨漏りに困っているのであれば業者を吟味して依頼しましょう。迷う場合は費用や対応プランを比較すると良いです。