雨による被害

なぜ「雨漏り」は発生してしまうのか

雨漏りとは、建物の中に雨が意図しない場所から侵入してしまうことです。老朽化した建物の天井から雨がポタポタ落ちる光景をイメージしがちですが、雨漏りは必ずしも老朽化した建物だけで起こるとは限りません。雨漏りは、屋根だけでなく屋根以外の様々な材料が原因で起こるもので、雨の侵入場所も天井だけとは限りません。サッシ周りの防水コーキングの劣化、バルコニーの床面と雨水を排出する管の接続部からの漏水など、雨漏りは実に様々な原因で起こるものです。外から侵入した雨は、建物の柱や梁、壁などを伝っていくため、傷みが進行するだけでなく、家全体の強度にも影響を与えます。また、雨漏りによって建物内の湿度が上がると、シロアリの大量発生にもつながります。

雨漏り修理は専門業者に依頼しよう

建物の中に雨が侵入してしまう「雨漏り」は、家を傷めるだけでなく、シロアリやカビの発生につながるなど、建物に様々な悪影響を及ぼします。もし、自分の家で雨漏りを見つけた場合は、一刻も早く対処する必要があります。雨漏りの修理は、簡単なものであれば素人でも可能ですが、雨漏りの原因となっている箇所を特定したり、高所での修理が必要になる場合は、無理をせず専門業者に依頼した方が無難です。万が一十分な修理が出来なかった場合、雨漏りが改善しないだけでなく、新たなトラブルを誘発する原因にもなりかねません。お金はかかりますが、建物自体のことやそこに住む家族のことを考えれば、決して高い出費ではありません。早めに対策を打てば、その分出費も安く抑えることが出来ます。